人気ブログランキング |
<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
社会人として最低限必要なのは労働法と会計の知識
同じチームで一緒に仕事している同僚(昨年新卒入社)は、日本人ではありません。
国籍が日本人では無い人と日々仕事をこなしていくと、何となく自分達での絶対的な常識とされている考え方が
日本では全く異なるものだとわかります。

個人的に、日本で育った人は会社では「組織あっての個人」とものを考える人が多く、組織に対して批判をする人も少ないのですが
例えば「権利を行使する前に義務を全うせよ」、なんてのは本当に日本人だけがcomplyしている思想なんだなと身を以て感じます。
それが良いか悪いかは別として、有給は労働法上与えられた権利な訳ですから、彼らはどんどん御構い無しに有給使って休暇を取って行きます。それで評価が下がる、クビになるということは法律上あり得ませんから。
彼らを観察していると、「会社員として自分は組織に従属している」という感覚は全く持ち合わせていないようですが
それはやはり法律、規則を判断基準としているのだと思います。そういった意味では特に我々が何ら批判すべき事ではなさそうです。

次は会計です。給料の額面以上の額を会社は給料として計上しています。
間接経費と言って、社会保険料は個人と会社の折半となりますし、交通費、厚生費、採用活動等々を勘案すると
実際の会社側のコストは額面x150%程度と言われています。
当たり前ですが人件費を上回る粗利が出てなければ人は雇えないのです。

だから、そもそも論として某居酒屋Wや牛丼S社の問題、または「ポエム化」「宗教化」する事によって
従業員への賃金を少なくしているという事自体、収益性ということでそもそも経営スキームに問題があるという結論になりますし
そういうのを見抜いて行く事が重要なんだなと思います。

こういう観点から考えると、今の政権はほんまにファ○クで
雇用を維持する為に強制的に皆さんの賃金をカットしますというのを国主導でやるという構図で
特に経団連会長の業界はinvoice value は機械、自動車と比較すると安い業界ですから
要はそこまでしてまでとやるんが正義か?っちゅー話です。
売価を上げるなら原価低減をするしかないわけですが、原低を人件費削りでやろうとしているわけで。

今後、日本語が非常に達者で優秀な外国の人が新卒枠でどんどん入ってきて
良い感じでグローバル化が進んで行くこの国で、残業代ゼロ法案で強制残業ゼロ、さらなる長時間労働がまかり通る世の中では
そもそも(日本人含めて)誰もこの国で働く必要がなくなると思いますが。

ということは、労働者は1円でも高くお金を払ってくれる所をがあれば移る、という姿勢が今後大事になってくるんだと思いますなあ。

by arata_yoshida | 2014-10-26 01:44
日本は輸出大国だと思う、だけど
さて、当方インラインスケートのブログとして元々運営してきましたが
単身赴任や仕事の関係で昔のようには中々滑る事が出来ず
このブログについても方向性が決まらないまま1年以上放置されてしまいましたが
消すのももったいなく、またせっかくブログスペースがあるので
少し政治や社会のお話をしてみたいと思います。

現政権(第2次安倍内閣)の円安誘導により世間は円安となっています。
実際、円安だと何がどうなるのでしょうか。

1ドルが80円だと、100円のブツを買うのに海外からは1.25ドルかかるわけですが
1ドルが100円ならば100円のブツを買うのに1ドルで済む訳ですね。

仕事でドル建てで海外に直接FOBで販売していた時、自民党に政権が戻って円安に触れた時に
原価が全く変わらないのに数字のマジックであれよあれよと利益率が上がって行きましたが。

ただ、逆の場合はどうでしょうか。

ガソリンは上がるわ、食品は上がるわで増税しなくても庶民の負担は増えていきますね。
日本は食料自給率が低い国ですので、国民の皆さんはむしろこの点に気をつけるべきかと。
円安のおかげでコストコの牛肩ロース固まりが100g100円後半まで上がったので
コストコの会員の延長を止めてしまいました。お得感がなくなったので。

政治家さんの考えとしては円安だと海外での価格競争力が増すので必然的にモノが売れて国が豊かになるはずだ、という思想があるようですが、もう世の中は「そうは問屋が下ろさないぜ!」と変化してます。

勤務先も生産移管で半製品を大量に輸出しています。が、当然完成品組み立て、販売は海外工場、海外販売会社によって行われるわけで、円安だから儲かるというのは完成品の日本輸出比率が高い企業に限られます。

いつまでもどんな製造業でも日本で操業を続ける訳はないでしょうし
燃料費購入は増え、結果として日本は貿易赤字に転落、多分個人的に黒字への復活は難しいと思います。

一方で貿易赤字という事実をもって
「日本は輸出大国ではない!」とのたまう評論家の方々を散見しますが、それは正しくない表現だと思っています。
正しい表現としては、「半製品(自動車業界でいうサブアッシー)、部品輸出件数は多く、間違いなく輸出大国ではあるものの
完成品輸出は減少傾向にあり、(当然invoice valueも低い)ので結果的に貿易赤字になっている」 という事です。

まさか国が「円安にしてやったんだからお前ら日本国へ生産逆移管しろ!」企業へ強制するような事をするなら話は別ですが
嫌な事実として、日本が段々貧しくなっていくのは避けられないと個人的に思っています。はぁ・・・。


by arata_yoshida | 2014-10-22 22:23 | お仕事