人気ブログランキング |
カテゴリ:未分類( 25 )
Maëlysちゃん失踪事件
今現在暮らしているHaute Savoie 県とフランス第2の都市圏を持つリヨンの中間地点にIsére県があり、Savoie県との境目のあたりにPont-de-Beauvoisnという小さな街があります。
2017年8月末にその街の9歳の女の子Maëlys ちゃんが、両親と共に出席していた結婚パーティの場から突然行方不明になるという事件が発生し3ヶ月になります。
今現在では監視カメラによる目撃情報等によりその子をパーティの場から連れ去った容疑者は断定され、捜査が続けられていますが容疑者は容疑を否認し続けているという状況です。両親と共に参加していたパーティの場から連れ去られるというのは、親の立場で見るとぞっとします。。。



フランスに住んで1年半、こういった「失踪」のニュースは日本と比べて多いように思います。。

昨年はBesonçonの日本人女子学生がチリから追いかけて来た元交際相手と会った後に行方不明になるという痛ましい事件も起きていますし、
地方新聞にも、失踪のお尋ね記事をちらほら見かけます。
フランスの国土面積は日本の1,7倍で、国土はローヌアルプ、リムーザンといった中央部、スペインとの境目を除くと比較的平坦です。
日本のように農地を転用して住宅開発をするということは少なくとも地方都市ではあり得ず、街や集落を出ると平野や森になり人の目はありません。
変な話、埋めたりしたりした場合、日本よりも遺体や証拠物の発見が困難で事件がなかなか解決されないというケースも多いのではないかと思っています。

上記事件の早期解決を願うのみですが、集落を一歩出ると農家の人以外は誰も住んでいないというのが
欧州でよくあるパターンです。

by arata_yoshida | 2017-12-10 08:04
フランスのテレビは歌手の追悼番組真っ盛りです
ここ最近ではブログを書くことがなくなってしまいすっかり放置していましたが、
仕事で日本語の長文を書くことが少なかった為、今度は日本語力が低下するという副作用が発生してきました。
慌てて子供の日本語学校から小説を借りて読み始めるなど、対策を講じましたが、
昔に比べて日本語で文章を書くということがかなり遅くなって来た気がします。やばい。

というわけで投稿をしばらく復活させることにしました。まず、ブログで文章を書くことに身体を慣れさせていくことが主目的になります
辛抱強くおつきあいいただければと思います。

さて12月6日にフランスの有名な歌手、Jonny Hallydayが亡くなったとのことで、テレビ局ではここ数日追悼番組をよく見かけます。
新聞でも多く取り上げられています。
ロックンロール、ハーレーダビッドソン がキーワードとも言える国民的歌手だそうです。
日本でいうとまさに矢沢永吉が適当でしょう。ロックな風格がすごいお爺さんです。
フランスでの知名度は凄まじいようで、日本で言えばサザンの桑田並みと考えるのが自然でしょう。

で、本日の言いたいことは、どれほどこの歌手が有名か肌ではわかりませんのでどなたかご存知でしたら教えてください。




by arata_yoshida | 2017-12-09 08:02
2016年 ドイツ縦断紀行 その2 ハルツ地方巡り
ドイツウルトラ縦断紀行、二日目。
前日にハイデルベルクの城および市街地の観光したので、
本日はハイデルベルクから400km近く走行し、ドイツ観光の穴場地区、ハルツ地方を目指します。
朝からアウトバーンを突っ走り、途中カッセルに立ち寄り昼休憩とした後、
そこからさらに小一時間程走り、最初の目的地、ゴスラー(Goslar)を目指します。
ゴスラーには午後到着。
この辺り、ハルツ地方では「魔女伝説」が有名です。4月には魔女の祭り(ヴァルプルギスナハト)も開催されるようです。
観光案内所の看板はこうなっていました。


f0111799_06193544.jpg


ゴスラーの街並みは、中世ドイツの名残を残したような、素朴なドイツの田舎町という感じで
見ていて飽きないものでした。到着時はちょうど週末でマーケットが出ていたので散策します。
暮らしているフランス東部の街と比較すると、建物の色使いの違いが良くわかります。
ちなみに、観光客と思われるアジア系人は皆無でした。また、フランスナンバー車も見かけませんでした。
ハルツ地方は、在独のドイツ人がゆっくりとバカンスを過ごすような地域と思われます。

f0111799_06213130.jpg
魔女の人形がお土産やさんで良く置いてありますが、どの魔女も「老婆」なので買うのに勇気が要ります・・・・。
f0111799_06262332.jpg
ゴスラー市内散策を終えた後は、宿泊地のクヴェードリンブルグ(Quedlinburg)へ向かいます。
ゴスラーから高速をかっ飛ばす事30分ちょい、クヴェードリンブルグの中心街の宿に泊まりました。
宿の玄関口の写真ですが、中世からの名残で馬車道が残っています。ただ、欧州車は幅広の車が多いので、中々苦労します。
写真のVWは片輪乗り上げた状態で止まっていますが、幅狭の馬車道は、こうして対処している車を結構見かけました。

今の車のタイヤはコンチネンタル製ですが、タイヤガードが付いていないもので、もしここで擦ってパンクしたらエラいこっちゃと
ヒヤヒヤしながらこの写真とは別の馬車道を駐車場入れしておりました・・・。
f0111799_06373096.jpg

夕食後、クウェードリンブルグ市内を散策しました。
日が落ちてきた後(夜10時頃)教会のステンドグラスを見上げると、なんとも言えない幻想的な風景になっていました。

f0111799_06321332.jpg
今回はクウェードリンブルグに2泊し、ハルツ地方の小都市を巡ります。
翌日は隣町のヴェルニゲローデ(Wernigerode)へ向かいます。


by arata_yoshida | 2016-09-17 07:03
過去キャンプ記事 2016年GW 富士裾野 大野路キャンプ場 その2
大野路キャンプ場でキャンプをした2016年5月のGW。
5月3日の夜中に大雨に見舞われ、5月4日の朝はサイトがほぼ水没した為
車で早朝から富士サファリパークに避難を兼ねて出撃する事にしました。

ただでさえ混雑が激しいと言われる富士サファリパーク。
名物のサファリバスは予約が取りにくい、また当日券も中々取れないというので有名です。

仮に朝7時半に富士サファリパークに到着しようと思ったら、東京都心を5時前に出発しなければいけないレベルですが、今回はキャンプ場から緩く20分程度で到着です。
が、さすがゴールデンウィーク連休。朝7時半過ぎの段階でそれでもサファリバスの予約は午後2時頃まで取れなかったので、
場内でそんなに長時間過ごすつもりもなく、朝から外周ハイキングをチョイス。

なんと、前夜の大雨で一部施設が水没し、1時間程度待たされることに。
9時頃歩き始めましたが、外周からもよく動物が見れました。車で巡る定番の前に、外周を歩くのもオススメです。

f0111799_06464469.jpg


外周のポイントからは、キリンが道路を横断している様子が見て取れます。これはこれで中々面白いです。
子供達を連れて約2時間ほどかけて外周を一周し、早めの昼食を済ませ、その後車でサファリパークを巡る定番コースに突入です。
動物園でも近くで見かけることのない猛獣が近くに来ることも。窓を開ければ死ねます・・・。

f0111799_06485610.jpg
午後にサファリパークから大野路キャンプ場に戻ると、水没していたサイトはすっかり乾き、
快適な芝生のキャンプ場へと戻っていました。富士山を眺めながらのんびりします。これこそオートキャンプの醍醐味。
f0111799_06573409.jpg
宿泊した大野路キャンプ場ですが、富士遊湯の里大野路に併設されている形です。
敷地内には宿泊施設、ホロホロ鳥が食べられるレストラン、温泉(結構いい値段)が併設されています。
キャンプ場はとても広く、300張程度は収容可能だったように思います。
GW連休時は満杯になるサイトも多い中、収容人数の多さから言うと予約も取りやすく穴場なキャンプ場です。
ちなみにこの施設自体が3月中旬まで休止する為、予約は施設再開後に電話して確認する方法が良いと思われます。
受付はレストラン側で行い、受付後、管理棟まで車で移動し、サイトに案内してもらいます。(混雑時)

一方、水道、流し台の数は少なく、洗い場で行列が出来ることも・・・。
トイレも大半は和式でした。
それでも、富士山の静岡側の観光地(サファリパーク、富士山こどもの国)へはアクセス抜群で
コンビニは徒歩圏内にあり、馬刺しで有名な御殿場のお肉屋さんも車で近いというロケーションです。
もう日本に住んでいませんが、また行きたいエリアです。

f0111799_07025293.jpg

明けて3日目。
渋滞がある関係で、朝から関東方面のキャンパーはどんどん撤収していきますが、
我が家は静岡県内、向かう方向も反対側の為午後まで居座ります。
朝から富士山子供の国で子供達を遊ばせ、昼過ぎに戻ってくるとあれだけ混んでいたサイトが空っぽに。

午後もひたすら敷地内で子供を遊ばせます。
f0111799_06540908.jpg
チェックアウトは午後3時頃でしたが、特に何も言われることもなくのんびりできました。
浜松方面へ向かい、渋滞に巻き込まれることなく5時過ぎに到着。よいキャンプ日和でした。

子供が小さいとキャンプってのは本当に良い時間の過ごし方なのはなぜでしょう。楽しく過ごせた3日間でした。



by arata_yoshida | 2016-08-22 07:17
これって結構地味にわかりにくいけど意味的にはテロに近いと思う
さてさて、巷ではスケートパークのある愛知県小牧市でツタヤ図書館こと図書館運営をCCCという会社に
委託することが住民投票で否決されたようで、ホッとしています。

そもそも、図書館ってのは調べ物をしたり自分の興味のあるジャンルを借りて知識を増やしたり、読んで楽しんだり
するための場所であり(もちろん新刊は除く!)、営利目的を追求する業者が入ってくる場所ではないと思っています。

ただ、一部報道によると、佐賀の図書館では、過去の蔵書が廃棄されていたり、
小牧では反対派のデモまで起こったと聞いています。

海老名図書館に関する記事リンクはこちら

別に、新書の販売コーナーが置かれていたり、カフェがあったりといった事は別に悪い事とは思いませんが、
何者かの指示によりしれっと法律や行政、憲法、安保関連、近代史に関する本がごっそりと無くなっていたら
個人的にはこれには恐怖を感じます。

2015年秋になって政治がキナ臭い状況になってきたということもあり、個人的に、じゃぁ第一次安倍政権の時に政局はどうなっていたのかな、とか
岸内閣の時の安保闘争はどんなもんだったのか本を借りてみようとか、日米安保についてもうちょっと
本を読んでみようとか、今でもちょこちょこ本を借りて読んでいますが
こういった関係の本が管理指定業者が変わった後にしれっと消えていたら・・・??と想像すると怖いですね。

ましてや、今は政治がキナ臭いですし、憲法について調べてみようと思う人も増えているでしょう。
なのに、図書館に憲法関連書籍が無いとしたら・・・・うーむ、考えものですね。

もちろん、上記で想像した事は極論であり、実際は図書館法という法律が存在するので、
そんな運営をしていたら違法行為となり、裁判なり損害賠償請求なり市民から起こされる事になりますが
そもそも、ツタヤ図書館なるものが広がってきたのは、何者が国民から知る権利をあからさまに奪おうとしているテロではないかと思わずにはいられません。

中高生の公民の授業で習った、知る権利とかそういうものが、当たり前じゃなくなってくるような
流れになりつつあります。うーむ、子供達の将来が心配です。


by arata_yoshida | 2015-10-23 23:06
9月度デイキャンプ 渚園 第2回目
さてさて、9月のシルバーウィーク。
世間では5連休となり賑わっていました。
一方、自動車産業は9月に出勤の会社が大半だったようで自分の勤務先も例外なく休日出勤となり身動きがとれなかった為、
両親と妹夫婦が静岡西部まで関東から遊びに来る事になりました。
土日の短い時間の中で最大限楽しんでもらおうと、2日目に渚園でのBBQをチョイスしました。
さすが大型連休の中日という事もあり、現場は難民キャンプとまではいかないものの、
まぁまぁ混み合っていました。早速リヤカーを借り、奥の方でタープ設営して炭を起こします。

本来なら自宅からは竜洋オートキャンプ場が一番近いのですが、デイキャンプ利用に時間制限がキツかった為
車で30-40分のこの場所を選択、妹夫婦に浜名湖の景色を堪能してもらおう!との企画になりました。
現在の我が家のテーブルと椅子だけでは足りないので、別途椅子とテーブルのセットを借り、
BBQ台もレンタルしたところ、total でJPY 6000円近くとなりました。まぁ、子供含めたら8人居ますので、
こんなもんでしょうか。

f0111799_22433160.jpg
昼くらいから肉を焼き始め、焼き野菜を楽しみ焼き芋を焼き、大満足な1日でした。
ちなみに義弟さんはスポーツ用品店で働いていた経験があり、「WOOLRICHとコールマンのテントやタープ生地の生産工場はほぼ一緒」との事。OEM供給は生産元が繋がってる場合が多いのは世の常ですね。こういう事を知っていると、キャンプ道具の選択肢が広がりますね。
妹夫婦と子供達はウォットで魚鑑賞を楽しみ、妹夫婦は関東へ戻って行きました。
が、流石シルバーウィーク、御殿場から先がとんでもない渋滞だったそうで、
渚園を5時前に出発した妹夫婦が埼玉にたどり着いたのは、なんと12時近くだったそうな・・・
地方に居るとひどい渋滞に巻き込まれる事も少ない為ピンと来ませんが、
たかだか250kmちょいの距離にそれだけ時間がかかるとは、首都圏では道路に対して
走ってる車が多すぎるのだなぁ、と思わずにはいられません。首都圏に限り行楽渋滞は年々ひどくなっている気がします。


by arata_yoshida | 2015-10-16 23:02
9月度デイキャンプ 渚園 第一回目
9月第1週の土曜日。
最近土日かどちらかで用事が入る事が多く泊まりのキャンプが先月のうるぎ村A/C以来出来ていない状況で、そろそろ焚火してぼーっとしたいなぁ・・・と考えていたところ、
渚園のデイキャンプでは夜21:00まで日帰り枠が利用できる事を発見、
こんな事をやる人は殆どいないかもしれませんが「夜ごはんとしてBBQして帰ろう!(笑)」という事で昼過ぎから出撃。

自宅で昼ごはんを終えてからデイキャンプに出撃する家族など聞いた事はありませんが(笑)タープ、椅子、テーブル一式と夜の食材を車に積み込み出発。
渚園には13:00に到着。フリーサイトにタープを張ってコットを出します。
とても気持ちの良いフリーサイト。
f0111799_21412163.jpg
渚園は浜名湖、弁天島駅から北に徒歩10分に位置する島です。
駐車場は一回入庫毎で410円です。一度出ると再入庫にまた410円かかるので注意が必要です。
今回は日帰り、かつフリーサイト利用の為、荷物はリヤカーで車から出します。
オートキャンプ場では車から荷物を出して設営できるサイトの方が好まれますが
個人的にはリヤカー引いて荷物持っていくのは嫌いではないです。子供達を荷台に乗せるとかなり盛り上がるという事もありますし、キャンプ気分が盛り上がります。
f0111799_21402997.jpg
渚園キャンプ場、この解放感と場所柄、ツーリングライダーや大人同士でのキャンプ、
乳幼児連れキャンパーにはとても良いキャンプ場と思います。
一方、気になったのが入り口の写真に色々と書いてますが、「球技禁止、フリズビー等禁止」と結構禁止事項が多いです。
芝生保護と, フリーサイトでの混雑時のトラブル防止という事なのでしょうが、
幼稚園、小学生連れという立場からすると子供達を遊ばせる手段が限定されてしまうので、泊まりキャンプはちょっとしんどいな・・・と思います。
場内に公園の遊具があれば大分楽ですが、あとは湖岸で水遊びくらいさせるのが関の山という感じです。
というわけで渚園隣のちょっとした水族館、「ウォット」を訪れます。
入場料300円ちょいで色々な魚が観れてお得ですよ。
f0111799_21415808.jpg
市立の水族館施設にしてはすごいです。半円形の大水槽もあれば、穴子が詰まったパイプもあり、イソギンチャク手づかみ体験もあり、子供達は魚への餌やりで楽しみ小一時間遊んで大満足。

夕方から火を起こし、夜のBBQを楽しみ真っ暗な中撤収し帰路についたわけですが、
夜のOUTが9時という事を知ってか、夕方からタープのみ設営しBBQをしている団体もありました。弁天島まで歩けない距離ではないので、お酒を飲んでも帰宅には便利そうです。日帰りBBQ客にはとても使いやすい施設となっている一方、フリーサイトで泊まりの方からすると運が悪いといきなり隣で酒盛りが始まる、という事が起こり得る事が
ちょっとデメリットという事でしょうか。(日帰り団体は確実に夜にはいなくなるので
そこまでを我慢すれば問題ないのかもしれませんが)

*GW前後の潮干狩りシーズンは駐車場が大混雑するとの事です。
GW前後は、ここに泊まる場合は駐車場が担保されているオートキャンプサイトの方がオススメです。
*また当方遠州地区に暮らして1年3ヶ月になりますが
冬〜春はここら辺はずっと風(遠州のからっ風)が吹いていますのでご注意ください。

と書きながらも、BBQがあまりにも快適すぎたので次回訪問の計画を練る事となるのでした。


by arata_yoshida | 2015-09-27 22:37
8月度デイキャンプ みろく自然公園 (香川県さぬき市)
さて、先日のお盆休みですが、ほぼ一週間の休みをもらい香川県へ帰省していました。
浜松界隈から香川県へは片道500km, 兵庫県からは片道200kmで楽々行けたのに
えらい違いです。てか、遠すぎます。

嫁さんの実家(高松)では、高松を拠点にして近場観光地をウロウロして
うどん食べまくってボーっとするのが日常なのですが
今回は、嫁さんの高校の同級生仲間が同じタイミングで帰省してくるとの事で
幹事役(?)となりBBQが出来る場所を嫁さんに探してもらいました。

結果、高松市から程近く、屋根が常設されている「みろく自然公園」で
BBQを開催する事としました。

みろく自然公園は長尾街道(新道)沿いにある大きな公園ですが、
キャンプ、BBQが出来るところは表の管理棟から車で4-500mも細い道を入っていかなければならず、対向車が来るとちょっと面倒くさい事になります。

細い山道をendまで突っ切ると、屋根常設のBBQとコテージがあるエリアに到着します。
使用料は3家族、子供含めて9人で約4000円ちょいだったかと思います。1台の使用料が1500円ですので、子供も大人と同料金でカウントされるという事です・・・。

BBQ場は屋根常設、かつ鉄板と網まで備え付けられています。至れり尽くせり。
焼き台は大きく、炭との距離が離れるので、炭は多めに必要かと思います。

ちなみにほぼ全員30代という事もあるので、肉よりも焼き野菜で盛り上がるBBQ。
f0111799_22013507.jpg


この他に、エリンギのホール焼き、たまねぎの丸焼きを楽しみ、
〆は子供達とマシュマロ焼き!という定番で楽しみました。
場所は16:00まで使えます。片付けをしていたら16:00を過ぎてしまいましたが
特に問題なかったです。

この場所は屋根が常設というのが嬉しいですね。食材は持ち込みとなりますが、
高松界隈ではここのBBQ場が一番使いやすいと思います。



by arata_yoshida | 2015-09-25 22:18
社会人として最低限必要なのは労働法と会計の知識
同じチームで一緒に仕事している同僚(昨年新卒入社)は、日本人ではありません。
国籍が日本人では無い人と日々仕事をこなしていくと、何となく自分達での絶対的な常識とされている考え方が
日本では全く異なるものだとわかります。

個人的に、日本で育った人は会社では「組織あっての個人」とものを考える人が多く、組織に対して批判をする人も少ないのですが
例えば「権利を行使する前に義務を全うせよ」、なんてのは本当に日本人だけがcomplyしている思想なんだなと身を以て感じます。
それが良いか悪いかは別として、有給は労働法上与えられた権利な訳ですから、彼らはどんどん御構い無しに有給使って休暇を取って行きます。それで評価が下がる、クビになるということは法律上あり得ませんから。
彼らを観察していると、「会社員として自分は組織に従属している」という感覚は全く持ち合わせていないようですが
それはやはり法律、規則を判断基準としているのだと思います。そういった意味では特に我々が何ら批判すべき事ではなさそうです。

次は会計です。給料の額面以上の額を会社は給料として計上しています。
間接経費と言って、社会保険料は個人と会社の折半となりますし、交通費、厚生費、採用活動等々を勘案すると
実際の会社側のコストは額面x150%程度と言われています。
当たり前ですが人件費を上回る粗利が出てなければ人は雇えないのです。

だから、そもそも論として某居酒屋Wや牛丼S社の問題、または「ポエム化」「宗教化」する事によって
従業員への賃金を少なくしているという事自体、収益性ということでそもそも経営スキームに問題があるという結論になりますし
そういうのを見抜いて行く事が重要なんだなと思います。

こういう観点から考えると、今の政権はほんまにファ○クで
雇用を維持する為に強制的に皆さんの賃金をカットしますというのを国主導でやるという構図で
特に経団連会長の業界はinvoice value は機械、自動車と比較すると安い業界ですから
要はそこまでしてまでとやるんが正義か?っちゅー話です。
売価を上げるなら原価低減をするしかないわけですが、原低を人件費削りでやろうとしているわけで。

今後、日本語が非常に達者で優秀な外国の人が新卒枠でどんどん入ってきて
良い感じでグローバル化が進んで行くこの国で、残業代ゼロ法案で強制残業ゼロ、さらなる長時間労働がまかり通る世の中では
そもそも(日本人含めて)誰もこの国で働く必要がなくなると思いますが。

ということは、労働者は1円でも高くお金を払ってくれる所をがあれば移る、という姿勢が今後大事になってくるんだと思いますなあ。

by arata_yoshida | 2014-10-26 01:44
【トーマスが現実に登場】大井川鉄道探訪
子供達がが機関車トーマスに興味を持ってなかったら、
多分大井川鉄道に来る事はなかったと思います。
それくらいインパクト抜群でした。

鉄道マニアは世の中に星の数程居るけれど、
SL好きな人の割合は少ないと個人的には思っています。


f0111799_23224581.jpg







f0111799_23223120.jpg
f0111799_23225865.jpg
f0111799_23225321.jpg
これ、トーマスだから実現出来るけど、チャギントンはどうするんでしょうね??


by arata_yoshida | 2014-08-04 23:27