人気ブログランキング |
9月度デイキャンプ 渚園 第一回目
9月第1週の土曜日。
最近土日かどちらかで用事が入る事が多く泊まりのキャンプが先月のうるぎ村A/C以来出来ていない状況で、そろそろ焚火してぼーっとしたいなぁ・・・と考えていたところ、
渚園のデイキャンプでは夜21:00まで日帰り枠が利用できる事を発見、
こんな事をやる人は殆どいないかもしれませんが「夜ごはんとしてBBQして帰ろう!(笑)」という事で昼過ぎから出撃。

自宅で昼ごはんを終えてからデイキャンプに出撃する家族など聞いた事はありませんが(笑)タープ、椅子、テーブル一式と夜の食材を車に積み込み出発。
渚園には13:00に到着。フリーサイトにタープを張ってコットを出します。
とても気持ちの良いフリーサイト。
f0111799_21412163.jpg
渚園は浜名湖、弁天島駅から北に徒歩10分に位置する島です。
駐車場は一回入庫毎で410円です。一度出ると再入庫にまた410円かかるので注意が必要です。
今回は日帰り、かつフリーサイト利用の為、荷物はリヤカーで車から出します。
オートキャンプ場では車から荷物を出して設営できるサイトの方が好まれますが
個人的にはリヤカー引いて荷物持っていくのは嫌いではないです。子供達を荷台に乗せるとかなり盛り上がるという事もありますし、キャンプ気分が盛り上がります。
f0111799_21402997.jpg
渚園キャンプ場、この解放感と場所柄、ツーリングライダーや大人同士でのキャンプ、
乳幼児連れキャンパーにはとても良いキャンプ場と思います。
一方、気になったのが入り口の写真に色々と書いてますが、「球技禁止、フリズビー等禁止」と結構禁止事項が多いです。
芝生保護と, フリーサイトでの混雑時のトラブル防止という事なのでしょうが、
幼稚園、小学生連れという立場からすると子供達を遊ばせる手段が限定されてしまうので、泊まりキャンプはちょっとしんどいな・・・と思います。
場内に公園の遊具があれば大分楽ですが、あとは湖岸で水遊びくらいさせるのが関の山という感じです。
というわけで渚園隣のちょっとした水族館、「ウォット」を訪れます。
入場料300円ちょいで色々な魚が観れてお得ですよ。
f0111799_21415808.jpg
市立の水族館施設にしてはすごいです。半円形の大水槽もあれば、穴子が詰まったパイプもあり、イソギンチャク手づかみ体験もあり、子供達は魚への餌やりで楽しみ小一時間遊んで大満足。

夕方から火を起こし、夜のBBQを楽しみ真っ暗な中撤収し帰路についたわけですが、
夜のOUTが9時という事を知ってか、夕方からタープのみ設営しBBQをしている団体もありました。弁天島まで歩けない距離ではないので、お酒を飲んでも帰宅には便利そうです。日帰りBBQ客にはとても使いやすい施設となっている一方、フリーサイトで泊まりの方からすると運が悪いといきなり隣で酒盛りが始まる、という事が起こり得る事が
ちょっとデメリットという事でしょうか。(日帰り団体は確実に夜にはいなくなるので
そこまでを我慢すれば問題ないのかもしれませんが)

*GW前後の潮干狩りシーズンは駐車場が大混雑するとの事です。
GW前後は、ここに泊まる場合は駐車場が担保されているオートキャンプサイトの方がオススメです。
*また当方遠州地区に暮らして1年3ヶ月になりますが
冬〜春はここら辺はずっと風(遠州のからっ風)が吹いていますのでご注意ください。

と書きながらも、BBQがあまりにも快適すぎたので次回訪問の計画を練る事となるのでした。


by arata_yoshida | 2015-09-27 22:37


<< 近鉄特急 しまかぜ 湖西ストレート >>