人気ブログランキング |
8月度キャンプ うるぎ星の森オートキャンプ場(1)
さてさて、今の職場は8月に平日休業の週が入る為宿も取りやすく旅行に最適♫というわけで
子供達と泊まりでキャンプ第2弾を企画、ゆったりキャンプする為に平日休業を有給で延長するという小技を加え、
例年一人で行っていた青春18切符の旅行予定を取りやめて
車にキャンプ用品総積載で2泊3日で旅にでました。

とはいえ、目的地は浜松からそれ程遠くはありません。
今回の目的地は 長野県売木村「うるぎ星の森オートキャンプ場」です。

恐らくこのキャンプ場、スポーツオー⚪︎リティ、SW⚪︎N等キャンプ用品の取り扱い多い大型店舗では
必ずと言っていいほどパンフレットが置いてあり、多くのキャンプ雑誌にも高確率で載っているキャンプ場の為
知名度は高く、ファミリーキャンプの聖地と言われてもおかしくないような高規格キャンプ場です。
現地で見かけた車のナンバープレートは関東、中部、関西と多岐にわたってましたので
キャンプ場としての知名度は強烈に高い、と言えるでしょう。

朝から荷物を積み込み、お弁当を用意して出発。
天竜川を北上、浜北ICから新東名に入り引佐から何回も通って飽きてきた三遠南信自動車道と国道151号で
一路、茶臼山を目指します。茶臼山まで自宅から2時間。ここでお昼とします。

茶臼山から見た景色。
f0111799_23224978.jpg
目的地のうるぎA/Cは午後13時にならないとチェックインができないと書かれている為
茶臼山で時間潰しし、頃合いを見計らって県道で県境を越えます。
山道の県道を進み案内看板がでている分岐から上り坂が続き、茶臼山から15分ちょいで目的地に到着です。
f0111799_23282721.jpg
キャンプサイトに到着〜!受付を済ませます。
今回は「電源なしサイト、個別」を選択しました。
広場サイトが一番安く、かつ平日宿泊なので広場にしようと思っていましたが
区切りも欲しいような気分だったので今回は個別をチョイスです。

指定されたサイトから、広場サイト前を望みます。広場サイトの駐車場とサイトの間に
柵が存在する箇所があり、サイトの方は荷物の運び出しがしんどいかもしれません・・・。
f0111799_23340760.jpg
昼ごはんを済ませてからの到着だった為、いつもデイキャンプでタープ設営時に早々と「お腹すいたー!」と騒ぎ出して手を焼く息子もこの時はおとなしく、邪魔されることもなく黙々と設営し完了。
f0111799_23370828.jpg
ここで2泊3日する準備が整いました。
このキャンプ場、その知名度のなせる技か、平日とは言え子供達は夏休みという事もありほぼ6−7割は埋まっていたと思います。
標高は1200メートルの場所にあるという事で下界と比較し涼しく、避暑には最高の場所です。
テント設営後、子供達と探検に出かけます。
地図を見ると展望台があるようなので、子供達と歩いて登ります。
管理棟から10分、ちょっとした山道を登ると展望台に到着。
標高高いので雲が近いです。というより、見渡す限り山しかないです。
f0111799_23410087.jpg
このキャンプ場で助かるのが、子供向け遊具が非常に充実している事です。
キャンプを行う上で、子供(特に幼児〜小学校低学年)がいる家庭とそうでない家庭、ソロキャンパーで
キャンプ場に求めるものは大分変わってきます。ソロキャンプするのであれば静かな環境でリラックスして昼ビーしてうたた寝して・・・とできますが子供はそうはいきません。
せっかくの機会なので体力が尽きるまで走り回らせ、遊ばせる事にします。
展望台の反対側の敷地内にはアスレチックがあります。2日目の写真ですが、
大きな公園の巨大遊具的なものがゴロゴロあるので、子供達は大満足。
f0111799_23490328.jpg
初日は日没まで遊んで終了。
晩は火を起こしてカレーを煮込み、焚火してビール。
が、天気はいきなり変わり、雲が降りたと思ったら一気にガスに巻かれたようになり、サイトは霧の中へ。
その中で焚火をするのは幻想的な印象でした・・・・。
f0111799_23521739.jpg
嫁さんと子供達は満点の星空を見る事を諦め、早々に就寝。
焚火しながらビールを飲んでいた所夜10時頃に霧が晴れ夜空が見え、
おとーちゃん一人だけ満点の星空を堪能し、眠りについたのでした。

2日目以降編に続く。


by arata_yoshida | 2015-09-06 23:57 | おでかけ


<< 8月度キャンプ うるぎ星の森オ... 8月度キャンプ (日帰り) 掛... >>