富山の駅弁と言えば
f0111799_2365487.jpg

今日から京王デパートの新宿にて「駅弁大会」なるものが開催されると
ニュースでやっていたので、コレは行かねば!と思い
仕事帰りに新宿に寄って帰ってきました。

まぁ聖蹟桜ヶ丘の京王でもごく稀に駅弁大会はやっているわけですが、
規模は新宿のほうが若干大きいようです。

大体、デパートの駅弁大会で常連の駅弁と言えば以下でしょうか。

○峠の釜飯
○いかめし
○いちご弁当
○広島しゃもじ牡蠣めし
○ますのすし
○牛タン弁当
○ひっぱりだこめし
○とりめし(大館)

・・・・etc

ただ、有名な駅弁モノは大体食べてきたので、今回は富山の駅弁「ぶりのすし」をチョイスしてみました。
富山駅の駅弁と言えばますのすしと言われるほど、ますのすしは有名になりすぎていますが
実はぶりのすしのほうが若干肉厚で脂が乗ってて旨いです。

「たびてつ友の会」という漫画でも、主人公渡瀬勝彦が「ブリのすしがオススメ!」と言っています。
食べてみると、酢で〆てあるブリの身が旨いですね~。

よし、次の駅弁大会で是非もう一度食べよう!
これはオススメです。
[PR]
by arata_yoshida | 2010-01-07 23:18 | おでかけ


<< 1/9 極寒だけどHOTだった... 1/3 滑り初め@鵠沼スケートパーク >>