ギロッポンの夜に猛ダッシュ 第2章
前回のギロッポン猛ダッシュは麻布十番の駅の大江戸線の階段で新宿からの京王最終急行に間に合うべく開催されましたが、今回は六本木の駅に向かって帰る途中の事。

上司(本部長)が

「あ、オレ、かばん店においてきちゃった・・・」

というわけで、先輩と二人で飲んでいた店まで猛ダッシュ!

その距離約片道300メートル。

人ごみをかき分け、黒人の客引きをかわし、とにかく走る走る!

チンタラ走っていると こっちが大江戸線から京王線に乗れなくなります。

酒を吸った体は 酸素を吸ってくれません。

呼吸困難になりました。

酸欠で死にそうになりながら なんとかかばんを上司に渡して
日比谷線の改札前じゃなくて大江戸線の改札までこれまた猛ダッシュ!

今回もなんとか 新宿からの最終急行に間に合いましたとさ。
ちなみに この列車では 乗客のどなたかが調布手前でvomitしたらしく
車内清掃で電車が調布駅で10分近く停車し、実家に帰宅はam1:15でした・・・・。
by arata_Yoshida | 2009-01-24 11:49 | お仕事


<< 多分これが関西在住最後の g 青春の快速ムーンライトながら >>